豊和技研株式会社の歴史

2022 2月の一覧

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[10]

創業者 プロフィール[10]

▶社史「総コン時代(後期)」 今回は戦後50年、平成7年には基本的な設備投資が一巡した通信局舎にあって技術進歩に伴う高性能通信機器対象の空調設備ユニットを規格化された設計を各所通信施設向けに設計し納めて行きました。 前回 […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[9]

創業者 プロフィール[9]

▶社史「総コン時代(中期4)」 今回は通信設備のクロスバー交換機からデジタル交換機、データ通信機時代になったまでの事になります。 当時昭和57年、昭和63年頃高顕熱通信機の発熱対応した空調機をダイキンと電電公社は協同開発 […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[8]

創業者 プロフィール[8]

▶社史「総コン時代(中期③)」 今回は引き続き「三の丸事務庁舎ビル」設計後の後日談についてです。 「三の丸ビル」実施設計時は昭和50年でしたが、その19年後の平成6年に豊和技研は この「三の丸ビル食堂カフェテリア厨房空調 […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[7]

創業者 プロフィール[7]

▶社史「総コン時代(中期②)」 昭和50年1月、三の丸ビルの空調実施設計が始まり、設計業務が「総コン名古屋」の協力設備設設計事務へ委託しました。 設計図面、設計計算書、数量調書、積算書1式をまとめるのに、4ヵ月程度かかり […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[6]

創業者 プロフィール[6]

▶社史「総コン時代(中期①)」 当時「総コン名古屋事務所」はテレビ塔の西、河合楽器ビルの隣の場所でした。 所員は11名 程度の規模でした。 東海地区にあっても、初めてとなる超高層ビル「NTTデータ伏見ビル」の新築設計が […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[5]

創業者 プロフィール[5]

▶社史「総合設備コンサルタント(前期)」について。 総合設備コンサルタント(略称・総コン)は S49年(1974年)6月に創設された建築設備設計(電気、空気調和、衛生、消防)を専業とする一級建築事務所です。 社員数140 […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[4]

創業者 プロフィール[4]

▶社史「日総建後半期時代」について。 私にとって4件目の仕事は、横浜データ通信局舎、衛生設備の実施設計でした。 新築SRC造(鉄筋コンクリート造)、事務棟地下1階、地上9階、建築延面積 25,600㎡の建物でした。 衛生 […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[3]

創業者 プロフィール[3]

▶社史「日本総合建築事務所(略称:日総建)時代」について。 私は25才で日総建に入りました。日総建は1963年創業の老舗設計事務所でした。 当時、新宿高層ビル街の一部を担う、超高層ビルの一つになるKDDビル(国際通信セン […]

続きを読む

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[2]

創業者 プロフィール[2]

次に、ここで自分の前半生の時代にあって最初で最後になるサラリーマン時代を簡略化し、記しておきます。 日比谷総合設備時代、日本総合建築事務所時代、総合設備コンサルタント時代になります。 ▶社史「日比谷総合設備時代」について […]

続きを読む

pagetop