豊和技研株式会社の歴史

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[7]

▶社史「総コン時代(中期②)」

昭和50年1月、三の丸ビルの空調実施設計が始まり、設計業務が「総コン名古屋」の協力設備設設計事務へ委託しました。
設計図面、設計計算書、数量調書、積算書1式をまとめるのに、4ヵ月程度かかりました。
当時は建物の空調負荷計算は全て手計算で、この負荷計算を手分けして作業しても約1ヵ月弱はかかりました。
この実施設計期間中、電電公社設計監理者とは設計工程に合わせる形で 3~4回の設計検査があります。
この時、空調負荷計算チェックだけで4~5 日かかっています。
計算ミスなどは1カ所もありませんでしたが、監理者には苦労しました。
その15年後、この監理者は総コン名古屋事務所副所長に天下ってきました。
この三の丸ビルには設計後の後日談があります。
将来的にはラッキーになった話となります。

豊和技研株式会社
愛知県名古屋市天白区池場2丁目1010番地
TEL : 052‐805‐1633
FAX : 052‐805‐4683

pagetop