豊和技研株式会社の歴史

豊和技研株式会社の歴史

2022.02.04創業者 プロフィール[6]

▶社史「総コン時代(中期①)」

当時「総コン名古屋事務所」はテレビ塔の西、河合楽器ビルの隣の場所でした。
所員は11名 程度の規模でした。
東海地区にあっても、初めてとなる超高層ビル「NTTデータ伏見ビル」の新築設計が S50年スタートしました。
当時建築する背景は広小路電電ビルを東京銀行名古屋支店を一体的に再開発して名古屋に於ける初期の超高層ビルを建てる事のようでした。
私と同期の優秀な同僚が「伏見ビル」空調担当し、私は別件の「三の丸事務庁舎ビル新築空調設備」実施設計を担当しました。
S50年当時は「伏見ビル」と「三の丸ビル」の設計時期が丁度重なりましたが、私は将来的にラッキーな「三の丸ビル」となりました。
三の丸ビル建築構造はRC造(鉄筋コンクリート造)、地下2階、地上10階建、建築延面積 23,760㎡。
建築竣工1980年(S55年)のことでした。

豊和技研株式会社
愛知県名古屋市天白区池場2丁目1010番地
TEL : 052‐805‐1633
FAX : 052‐805‐4683

pagetop